前科調査の方法に行き詰ったら

MENU

前科調査の方法に行き詰ったら

アメリカの場合、未成年者に対する暴行事件などを起こした前科ある人について、公表するという制度があります。これは、この人は以前こうした前科を持っているため、注意してくださいと危険を促すとともに、再犯しないように見張るという意味もあります。

 

諸外国の場合、犯罪者は犯罪者として扱うという傾向が強いのですが、日本の場合、犯罪歴があっても、今は頑張っているじゃないかと、犯罪者を差別しないという風潮の方が強いようです。でも、娘さんの結婚相手などについて犯罪歴があるかもしれないという場合、親御さんにとっては結婚させない理由ともなりますので、前科調査を探偵に依頼される方も少なくありません。

 

日本の場合、前科を知るためには警察の資料等が必要となりますが、日本の警察は前科を公表することがありませんので、大きな事件の場合、ネットなどから検索するほか前科を知る方法はないでしょう。

 

大きな事件ではない、という場合、調べようがありませんが探偵なら探偵独自のネットワークで調べ上げることが可能です。こうした探偵ネットワークは探偵事務所それぞれが持っているもので、前科歴や結婚歴など、周りに知られていない情報であっても、腕のいい探偵ならスピーディに調査してくれます。